出来てしまった妊娠線を消したい場合にする事とは何か

妊娠してお腹が大きくなると妊娠線が出来やすくなります。妊娠腺のやっかいなところは一度出来てしまうと産んだあとでも残ってしまう事です。妊娠中にケアをしなくて妊娠腺が出来てしまい後悔している女性はたくさんいます。では、もし、妊娠線が出来てしまって消したいと思ったらどのようにしたら良いか説明します。

妊娠線は皮膚が裂けてできるひびわれた傷のようなもので、肌を生まれ変わらせてあげることで少しでも早く改善することがポイントです。そのためには新陳代謝を高める必要があり、日常の生活習慣の改善が必要になります。新陳代謝の低下の原因として食生活や運動不足ストレスなどが関係しています。まずは、温かい飲み物や体を温めてくれる食べ物を取り入れることで体の血行が良くなり新陳代謝がアップします。夏だからと言って体を冷やすのは良くありません。出来るだけ体を温める食べ物を日常的に摂取しましょう。また、運動不足も血行が悪くなるのでジョギングやウォーキング、ストレッチ、水泳、ヨガなど出来る運動を取り入れて新陳代謝をアップさせましょう。また、お風呂や半身浴でも代謝がアップするので運動をする時間がない場合は、毎日湯船につかると良いです。また、ストレスも大きな原因になります。出産した後は育児などでストレスが溜まりやすいです。ですので、出来るだけリフレッシュする時間をとってたまには息抜きをする事が大切です。これらはすべて生活習慣の改善なのでこれらの事を毎日意識してみてください。

他の方法として妊娠線をケアすると線を少しでも薄くする事が出来ます。妊娠線はお肌が乾燥して起こる事が多いので妊娠線を保湿してあげることが大切です。保湿に一番効果のある妊娠線予防クリームとオイルを2つ併用する事でさらに高い保湿力を引き出してくれます。
妊娠線を消したいと思ったら生活習慣の改善と保湿ケアをして出来るだけ薄くする事が大切です。しかし、注意点は妊娠線は一度出来てしまったらある程度は薄くする事が出来ますが、なかったことには出来ない事です。ですので、妊娠中に妊娠線を予防して出来ないようにするのが一番大切なので覚えておいてください。

葉酸サプリメントは妊娠中以外の女性にだって効果的

最近よく耳にする葉酸は、水溶性ビタミンのひとつでレバーやほうれん草、ブロッコリーといった緑色野菜に多く含まれている栄養素です。
妊婦さんが摂取することで、お腹の赤ちゃんの先天性障害である神経管閉鎖障害を発症するリスクを防ぐ効果がある事で一躍有名になりました。

ただ葉酸は、水溶性ビタミンの一種という事でこまめに摂取しなければ尿として体外に排出されてしまいます。
それに熱を加えると野菜やレバーに含まれる葉酸の量は随分と減ってしまうのです。
そのため日頃の食事からだけで補うには、料理を工夫しなくてはいけませんし、なかなか難しい成分でもあります。

だから近頃では、葉酸サプリメントがお勧めされているんです。
サプリメントなら食事からよりも手軽に、しかも豊富な葉酸を体内に取り入れる事が出来ますし、悪阻などで食事が摂れない妊婦さんにもピッタリです。

妊活中や妊娠中のあなたへと贈る健康食品として、BELTAブランドからはベルタ葉酸サプリが販売されています。

2015年のモンドセレクションでは金賞を受賞しており、ベルタ葉酸サプリの品質は世界で認められました。

妊婦さん目線で商品を開発していて、「妊娠に必要な栄養素をバランス良く摂取したい」「赤ちゃんに栄養を届けたい」「健康や美容を維持したい」という方におすすめです。
引用:葉酸サプリおすすめ人気ランキング

また最近では、葉酸は妊婦さんだけではなく全ての女性にとって良い影響をもたらしてくれる栄養素という事が分かってきました。
例えば不妊治療中の女性が摂取する事で、受精卵が子宮に上手く着床するサポートをし、妊娠する確率を上げる事が出来ます。
さらに、授乳中の女性が葉酸を摂れば母乳の質を高めて赤ちゃんの成長を助けてくれるのです。

他にも肌の修復にも効果的なビタミンのため、肌トラブルを防ぎ美肌を保つ為にも有効と言われています。
そして女性に起こりやすい貧血にも効果を発揮してくれます。

こうして見ても、葉酸がどれくらい女性にとって有効な栄養素であるかが分かりますね。
今まで葉酸=妊婦さんが取るべき成分というイメージを持っていた方も多いでしょうが、妊娠中ではない方も積極的に摂っていきたいものです。
そして、やっぱりそんな時にも食事よりも効率的な葉酸サプリメントを活用すれば、身体から流出しやすいビタミンを毎日身体に補う事が出来ますね。

毎日補いたい成分なので、取り入れやすい価格であまり防腐剤や香料など身体に不必要なものが入っていないサプリメントを選ぶ事をお勧めします。

完璧な育児を目指してストレスは頂点へ

離乳食が3回になろうとするころ、私の 育児ブルーはピークに達していた。原因は わかっている。すべてに神経質になりすぎてしまっているからだ。母乳がほとんど出なかった私は、そのハンディをほかのことでとり戻そうと躍起になっていた。
日光浴や散歩は欠かしてはいけない。掃除もきちんとしなければいけない。忙しくてもやさしく言葉かけをし、いっしょに遊んでやらなければ。

なにより離乳食は完壁に作ら唾ければ。 「ねばならない」症候群にとりつかれた」

私は、毎日一生懸命だった。離乳食用に、無農薬野菜やたいやひらめを家計を無視して買い込み、主人のひんしゅくを買ったこともある。

神経質になりすぎているなと感じることはあったが、心はいつも「だって母乳が出 なかったのだから」の一点に戻った。
いま思えば、私はあわれなほど母乳育児信仰に圧倒されていたらしい。当然、楽しい育児とはほど遠く、ストレスはたまっていく一方だった。

ある日、友だちとゴルフに行って、上きげんで帰ってきた主人の顔を見るなり私は「私、あした一日休ませてもらいます」。半分はおどしだったが、私は勢いづいた。「女だって、休みもらっていいはずよ周平の世話。頼みましたからね」

次の日の日曜日、私はテーブルの上にびん詰めのベピーフードを並べると、ひとりで外出した。病気で倒れたとき以外使うまいと思っていたが、主人に離乳食作りまでは頼めない・行くあてもなく町を歩きながら、私はだんだん後悔と、不安の念がっのってきた。初めて父親と2人きりで、息子はさびしくて泣ているのではなかろうか。第一、主人にほんとうに世話などできるのだろうか・1時間もすると帰りたくなったが、たんかを切って出てきた以上、すぐ帰るのもしゃくにさわる。ひとりでお昼を食べ、なんとか夕方まで時間をつぶすと私は飛んで帰った。きっとたいへんなことになっているに違いない。しかし、予想はみごとにはずれた。確かに家の中は惨謄たるありさまだが、息子はいつも以上に上きげんで、脱ぎ散らかした父親の靴下を持って遊んでいる。テーブルの上にはきれいに平らげたベビーフードのびんが転がっており、「大喜びでペロッと食った」とのことだった。

私はすっかり気抜けした。と同時に、なんとも言えないおかしさが込み上げてきた。

私のこれまでの完壁育児あれは、いった い何だったのだろう。主人がいやいや、い いかげんにやっても息子はどうやら平気らし。確かに母乳は出なかったけどいまのところお、こうしてげんきそのものだ。あーやめたやめた。もう完璧主義はこりごりだ。

本当に育児と子育てと出産はきつい

あのころ、いったい何にあせっていたのだろう。生後間もない小さな赤ん坊をかかえた私は、限りなくブルーだった。
独身のころも、結婚してディンクスを気どっていたころも、1日型時間はすべて自分の思いのままに使えた。同僚たちと熱っ ぽい議論を交わしながらする仕事や、友人たちと行くおしゃれレストランや….:。く るくると忙しく過ぎてゆく日々は、エネルギた穏やかでやさしい時間だったけれど。そんなもやもやした気持ちを持て余していたある日、ひょんなきっかけで小説やエッセイを書く母親たちの創作グループにエネルギッシュとても刺激的だった。

マイペースに前だけを見つめて走りつづけてきた私の人生。そのエンジンはいつだって快調だったはず。けれど、それは妊娠、退職、出産、という一連のできごとを堺に一気にトーンダウンしてしまった。

くる日もくる日も、生まれたばかりの小訴さな命と向き合う単調な生活。わけもなく心細くて、だれとでもいいから自分の言葉で大人の会話がしたいと痛切に感じていたあのころ。幸せなはずなのに、心の中にポッカリと大きな穴があいているようだった。それは、あきらめにも似たさびしさや焦燥感だった。
子ども中心の生活は、母親が自分自身をふり返る心の余裕を持つことさえないままに、駆け足で過ぎてゆく。まるで人生の主 役が私から娘へと移ってしまったかのように。もちろん平凡な日々は、母親になった 喜びや、わが子へのいとしさに満ちあふれ分の思いのままに使えた。同僚たちと熱っぽい議論を交わしながらする仕事や、友人たちと行くおしゃれレストランや….:。くるくると忙しく過ぎてゆく日々は、エネルた穏やかでやさしい時間だったけれど。そんなもやもやした気持ちを持て余していたある日、ひょんなきっかけで小説やエ ッセイを書く母親たちの創作グループに出会った。

学生時代から好きだった書くということ。文筆家になるなんてあまりにも大それた夢だったけれど、こんないまだからこそ大きな夢を追いかけてみよう。一日のうちわず陸に、一気にトーンダウンしてしまった。
くる日もくる日も、生まれたばかりの小訴さな命と向き合う単調な生活。わけもなく心細くて、だれとでもいいから自分の言葉かでも、自分のためだけに費やすことのできる時間をつくろう。机の奥から引っぱり出した原稿用紙を前に、私は久しぶりに背がピンと張り詰めるような緊張感を味わった。

そう、あのころの私に欠けていたものと。夢を追いかけるバイタリティーを失わないこと。これは自分らしい人生を生きていくうえで、とてもたいせつなことなのだ心の底から切望していたものは、背筋を伸 ばして向き合えるような何かだったのかもしれない。

子育てに疲れると夫にティッシュの箱を投げてしまう

「どうしてそう入ごとのように言うのよ」と、私は主人にティッシュの箱を投げつけた。まる1日、3才半になる長男、生まれて3ヵ月の長女の世話に追われ、長男は特に第一次反抗期とやらが重なってとても扱いづらい。そんなイライラが高まっている中、まして年末の大忙しのときに、のんきにパチンコなどに出かけ、半日も帰ってこないものだから、私のイライラは頂点に達した。

帰ってくるなり、子育てのたいへんさを綿々と訴えた。しかし、「仕事しているんだから、そう何もかも手伝えないよ」だの、「男は本来めんどうくさがりやなんだ」と、人ごとのように言うものだから、ティッシュの箱が飛んだ。しかしそんな中でも、壊れないものを選んで投げているのだから、私もけつこう冷静なのかもしれない。

長男の子育てのときは、子どもというも のに慣れていない疲れ、いままで自由だった自分の時間が子どもによって振り回されるイライラで子育てのたいへんさを知った。しかし2人目が生まれてみると、たいへんさがまた違う。子どもへの接し方はとても余裕が持てる。夜中に起こされることも、これが当然と割り切れる。しかし2人となると、下の子の世話をしていると上の子が 「うんこ」などと言い出し、あっちこつち とウロウロして一日が過ぎる。「あ〜」と突然大声を出したくなる。ここで主人からでもやさしいひと言があれば、ホロリとなるものなのに…

しかし、そんなことで落ち込んではいら れない。気分、考え方をどんどん転換して いかないと、子どものサイクルにはとても追いつかない。まずはいえのなかにばかりいるのが、いちばんいけない。黒鉛でも友達でも友達の家でももどしどし遊びにいく。でかけれれないければ友達にどんどん来てもらう。人とと接することで、いろいろな考え方も学べ るし、話すことで気分も晴れる。また、デ パートなどにも平気で連れていく。子ども が小さいからたいへんと思わずに。けつこ う子どもは丈夫なものだ。かえってデパー トなどのほうが、ベビールームなどがしっかりしているので、利用しやすい。また図 書館児童館、こどもの城などの公共の施 設を利用することもおすすめである。
特に私は本が大好きなので、忙しくて本 が読めないことも気分のイライラにつなが る。2人がいっしょに寝たとき(まあ、めったにないけれど)、上の子が主人と遊んいるちょっとした好きに本のページをめくってみる。ざっしなどは、ちょっと読むときにはとても有効なので、この際今まで手にとたことのない雑誌なども買い込んでおいて広げてみると意外な発見があって楽しい。